FC2ブログ

よいこ

悪い大人を切る

統計分からない馬鹿は、経済アナリストなんて言わない方がいい。

http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2009/07/23/20090723m_04.htm

これでも東大経済出かねえ?お粗末過ぎる。

組合に入ることの出来る人の違いは前にも書いた通り。

海外の場合、組合員ってのは、現場の労働者だけです。

「残業」=「経営側が増産したいから、現場の労働者に働く時間を増やすことをお願いしている。」であり、要は生産計画の見積もりを増やす方に変更する場合に発生する物なのよ。

見積もりは、残業という概念のない経営側の仕事であり、見積もり変更は無能と見なされるから、あまり発生しない。

例えば、「Michael Jacksonが死ぬ。」なんてのは外部の人が誰も予測しようがないから、CDの増産という見積もり変更が発生しても、それは無能扱いされない訳で、残業あっても割とすんなり経営側に認められる。

一方、日本では課長になるまでは組合員な所多いんだよ。経営側の仕事していても残業という概念はあり、残業時間は組合の作る統計に含まれる。

海外では、決して少なくはない経営側の仕事をしている主任・係長クラスの労働時間を組合の作る統計の勘定に入れていない訳で、労働時間少なくて当たり前なんよ。
スポンサーサイト



  1. 2009/07/25(土) 10:52:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<海外と日本の人事制度の違いを説明しておく。 | ホーム | う~ 酒焼け声のエンジェル~♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://josephyoiko.blog49.fc2.com/tb.php/821-18e47f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)