FC2ブログ

よいこ

悪い大人を切る

これは、警官が頭おかしい。

http://www.nhk.or.jp/mito/lnews/02.html

PTSDの認定は厳しいかもしれないが、これは警官の頭おかしいだろ?

今回何ともなかったからよかったけど、頭でも打っていたら、大変な話やで。

てか、救急隊の奴は何しているのかね?

こんな馬鹿警官に調べるの止めさせて病院に連れて行くのが仕事やで。
スポンサーサイト



  1. 2009/06/29(月) 21:10:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<制止せんでいいやん。 | ホーム | この女何で此処まで下品なんだ?>>

コメント

傍論で意見して申し訳ありません

元救急隊(3年前まで配属)です。以前の勤務ですので現在の現場と会わない可能性があります。


『てか、救急隊の奴は何しているのかね?
こんな馬鹿警官に調べるの止めさせて病院に連れて行くのが仕事やで。』

と仰っていますが、ふらつく等の感覚障害の可能性を疑う兆候が出た場合、脳または中枢神経の損傷の可能性を疑わない救急隊員は、通常大変考えにくい状況です。救急隊の現場所見として、交通事故で感覚に異常の兆候が出ている場合、中枢神経損傷による増悪を避けるため救命優先で病院に搬送するはずです。私の経験上ですが。

 記事が現在閲覧困難な状況ですので不確かな反論になりますが、事故と実況見分との間に何が起こったかが時間経過等明らかではありません。ですので、以下の反論が指摘する推論することを認めていただけないでしょうか。

 事故発生し警察及び救急をほぼ同時に要請し、警察及び救急隊がほぼ同時刻に現場に到着した。

 事故関係者に感覚異常の兆候が見られたので、先に救急隊が病院搬送した。診断の結果事故関係者に緊急に生命に重要な損傷を及ぼす損傷が見られないと判断された。

 その病院搬送後に警察機関は、当該事故において被害者の状況が生命に直接危険はないという情報を受けた。そのため、病院を退院した直後に警察機関が関係者に実況見分をし始めた。そこから3時間の検分が始まった。結果心理的外傷を治癒する機会を逃した。これは、得るであろう治癒機会を失った、警察機関の捜査における事故関係者への注意不十分であり、それにより長期療養の結果に至ったのではないかと推論します。推論は以上です
 
 なお、以上の傍証として訴訟対象が警察のみであり、消防及び消防を管轄する市町村が訴訟対象にないことをあげさせていただきます。これも私の記事の記憶によるもので証拠があげられないため、不確かな傍証です。

 憲法上公的機関の行為は厳格に審査されなければならないことは承知しています。

 ですが、現場で働く者への理解が不十分であることもまた存在しています。

 論証不十分な点ございましたら、指摘ください。長くなりましたが、以上考慮していただければ幸いです。
  1. 2009/07/01(水) 03:07:24 |
  2. URL |
  3. もんすけ #-
  4. [ 編集 ]

いや、こういう話なんで

http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1246275132/l100

ご指摘の救急隊員の判断裁量そのまんまなんですが?
  1. 2009/07/01(水) 04:12:08 |
  2. URL |
  3. JosephYoiko #-
  4. [ 編集 ]

推論の通りなら、

救急隊員の義務は終わりとしてもいいですよ。

その場合は、救急隊員の裁量が担当医の裁量に変わるだけであり、「担当医は何で止めないの?」って話に置き換わるだけですね。

言う迄もないですが、救急隊員は、病院に運ぶまでが仕事なんで、その後に迄責任あるとは言いませんよ。

聞く耳持たない馬鹿警官には変わりないのでは?
  1. 2009/07/01(水) 04:36:11 |
  2. URL |
  3. JosephYoiko #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://josephyoiko.blog49.fc2.com/tb.php/686-9763fb1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)