FC2ブログ

よいこ

悪い大人を切る

広域処理と地元での処理に関して

前にも書いたのですが、ちょっと詳しく書いてみます。

広域処理反対な方々の代表的な意見として、
(1)輸送費の無駄
(2)産廃利権欲しいのが利用しようとしていないか?
(3)雇用創出の素になるのに何で他所に出す必要があるの?
等という話があると思います。

このうち(1)、(2)については結構鋭い意見も出ているように思いますが、(3)についてはちょっと欠けている考えがあるのではないかと思っています。「普段は左翼傾向な方々はよく主張することなのに何で言わないのだろう?」という疑問が凄くある。

それはこういうことです。

雇用創出という限りは、それは一時的な物ではいけません。勿論「バイト的なものでも無いよりはまし」って意見は分かりますよ。でも、それは「人を使い捨てにする」って話で、これって左翼な人々が最も嫌うことではないでしょうか?

雇用を継続しようと思ったら、仮設の瓦礫処理場ってのはありえない話で、長期に使えそうなそれなりに立派な物を作らないといけないと思います。

産廃処理の専門家に補足して欲しい話ですが、例えば、「火力が弱いとダイオキシン等が出る。」という話はありますよね。

そうなると、地元の瓦礫処理場は、震災瓦礫処理終了後も使える物を作るようになり、雇用継続のことまで考えたら、結局そこは「産廃処理場」であることの継続が求められます。

つまりね、都会の電力創出の肩代わりに田舎に原発作られたのと同じ構造で、今度は、都会の産廃処理を田舎が肩代わりするになりませんか?
スポンサーサイト



  1. 2012/03/25(日) 14:30:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一番肩書きのお世話になっているのが、何か言っています。 | ホーム | 03/24のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://josephyoiko.blog49.fc2.com/tb.php/3868-85d378e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)