FC2ブログ

よいこ

悪い大人を切る

「査読」って物をちょっと解説してみます。

僕は応用数学&情報科学方面の人間なので、あくまでその観点で書いています。
(特に他分野の方々の)補足があると幸いです。

http://homoeopathy-life.cocolog-nifty.com/homoeopathybooks/2012/03/2005the-lance-2.html

>『ザ・ランセット』誌の編集主任ゾーイ・マランは、「エッガー教授は実験に着手するにあたって、ホメオパシーにプラシーボ以上の効果が見いだせるとは期待していないことを認めていた。だから彼の言う“見解の不一致”は最初から見え透いていた。こちらはそれで十分だと考えていた」と認めている(EHM New Bureau, 2005)。
編集部はこのようなバイアスがかかっていたことを読者には伏せておくことにした。

『ランセット』は査読付きの論文集です。「査読」って言葉が、そういう業界の人以外には馴染みが薄いと思いますので、料理の世界に喩えて言うと、「あそこの仲買はいいマグロ置いている」って口コミと同じです。

「査読」が行なわれる時には「査読者」がいます。料理の話で言えば、「美味いか不味いか」を判定する本人自身もプロの料理人の方々です。

#芸能人格付けでいつも馬鹿舌と言われる梅宮辰夫が「美味しいと言った」なんてのとは違いますよw。

そもそもね、『ランセット』ってプロが買うものです。「プロに売れてナンボ」なんですよ。
そんな所で、編集部のバイアスが効くと思います?いい加減なことしか書いていないとの評判が立ったら、プロの購買者はどんどん減ります。築地のマグロ仲買人がしょうもないマグロを突っ込んだら、寿司屋さんの職人から総スカン食らって潰れるのと一緒。

誰がそんな間抜けなリスク負うかっての。バイアスってかけるのに手間かかるのよ。
スポンサーサイト



  1. 2012/03/20(火) 19:11:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「もげろ」と言われそうですがw。 | ホーム | 03/19のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://josephyoiko.blog49.fc2.com/tb.php/3857-f38b898b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)