FC2ブログ

よいこ

悪い大人を切る

地頭

馬鹿の言い訳用語としてのみ「地頭」って言葉は存在します。

書評を見てますます買う気が無くなった(笑)。
本屋で立ち読みしてみるか。

[201102072032追記]
今日は佐賀泊まりなんで、駅の本屋さんに行ったら無かった(笑)。
店員さんに聞いた所、立ち読みばかりで売れないらしい。

http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/51902673.html

感想として書かれていることですが、
>今までの日本で重用されていた「アカデミック・スマート」(学歴が高かったり、与えられた問題に対して良い解答ができる)ではなく、地頭の良い人材、いわゆる「ストリート・スマート」を目指すことを推奨されています。

何じゃそら。与えられている目先のことに成果あげられない(=一番になるのが目的である必要はないが、理解出来ていないわけですから)のは無能だからよ。

運動部の成績悪い奴が成績のいい帰宅部の奴に「俺は部活やっているから。」と言い訳するのと同じ。

また記事の抜粋で、
≪私はこういった、ムシがいい方法を「難行」の反対語として「易行」ならいました。易行はもともと仏教用語では、難行を自力で行う代わりに、「阿弥陀仏に願うと、極楽浄土に行ける」など、「他力本願の教え」です。残念ながら、世の中に易行で実現することは存在しません。》

何回仏教用語を自己流解釈したら気が済むのでしょうね。地頭悪いのねw。仏教で言う「他力」って「他人任せ」の意味ではないよ。

《私は、「学生時代、ずっと1番だった人には気をつけたほうがいい」と思っています。なぜなら、1番を続けるためにはある意味、過剰なまでの投資を勉強に行わなければならないからです。例えば3000人受けたテストがあって、週に70時間勉強して1番の人と、35時間勉強して5番の人がいたら、私が雇い主だったら、後者の方を採用したいと考えます。》

「学生時代にずっと一番になれなかった人」は何を言っているのでしょう(笑)。
てか、勝間和代が「過剰なまでの投資を勉強に行わなければならない」ということにしておきたいだけでしょ?
さっきの自己流解釈の「難行」は良くなくて、「易行」に努めなさいと言っているのと変わらんけどね。

[201102072034追記]
成績が一番なんて別に大したことではないですが、経験の無い人が語っちゃ駄目やね。

201102072049追記]
僕が時々悪口を書く中から選ぶと、片山さつきと勝間和代のどちらを採用するかって話と同じと思うのですが、圧倒的に片山さつきやろ。

《「嘘つき」とは、「やる」と言ったことをやらない人です。約束した日までに約束したことが果たされない、「〇〇さん、今度紹介しますね」と言ってまったく紹介しない。
 そういう人たちにとって、嘘は日常茶飯事です。「今度紹介しますね」と言って、その場で電話を本当にしたり、その日中にメールを打ったりしてくれる人と、いつまで経っても何もしてくれない人がいます。圧倒的に、前者のほうがストリート・スマートとしての実績が上がっています。》

何時になったら博士号とるの?(笑)


スポンサーサイト



  1. 2011/02/07(月) 16:22:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<教えてくれた人がいらっしゃったので。 | ホーム | 嫁さんがお財布を買って来た。>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/02/08(火) 00:49:33 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://josephyoiko.blog49.fc2.com/tb.php/3086-4f91ffef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)