FC2ブログ

よいこ

悪い大人を切る

食事の用意することを苦にしている気持ちが分からない。

よく、「私も働いているのに御飯の用意もしている。」と被害者のように言うフェミな人が居ますが、全く理解出来ません。

自分好みの味付けで、その日に食う物のイニシアチブとれるって最高じゃないですか。

今は、子よいこ先生が帰国していますから、彼のリクエストを優先しますがね。

後片付けなんかは、面倒なら食器洗い&乾燥機を買うことです。

共稼ぎしているのならば、ちっとも贅沢ではない。
スポンサーサイト



  1. 2010/03/29(月) 18:32:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<手話とか点字とか。 | ホーム | 脱税のプロアクティブ>>

コメント

私はわりとフェミな人ですが、外食やコンビニ弁当が続く方がよっぽどつらいし、一人暮らし始めたときは、「これで台所の覇権は握ったぜ!」というのが嬉しくてしかたなかったですなー。

自分が食べたいものを、食べたいようにつくれるって幸せです、ほんと。

料理できない(したがらない)人見てると、「今の自分が食べたいのはこんな感じの食べ物」とイメージできない人が多い気がします。

すっごい偏見ですが、おいしいもの(高価なものとは限らず)を食べつけている人は、料理もうまいような気がします。
よいこさんがお料理上手なのもむべなるかな。
  1. 2010/03/30(火) 12:02:10 |
  2. URL |
  3. pollyanna #-
  4. [ 編集 ]

食いしん坊仲間ですね(笑)。

食べ物って好みの問題ですから、安易に他人の好みを否定するのはいけないと思いますが、美味しいと思えない食い物ってありますよね。

僕は関西人と九州人の味覚で育っていますから、関東の味付けには美味しさが分からん物も多いです。

蕎麦と寿司と天麩羅は東京が美味いと思いますが、つけ麺やラーメンで魚介スープと豚骨スープを合わせるダブルスープは美味しさが分かりません。

魚介スープ単独の中華そばも豚骨スープ単独のラーメンも好きなんですけどね。

あとは、すき焼きですね。割り下使う(焼いてないやんという意味の)「すき煮」は苦手。
  1. 2010/03/30(火) 12:42:48 |
  2. URL |
  3. JosephYoiko #-
  4. [ 編集 ]

少しだけ考えてみました

母親の育てかたが大きいかもしれません。
父親に隷属していたり、
子供に対して料理も食全般の楽しさもマナーも
伝えられずに、受験のために上げ膳据え膳。

子供にとっては、気づいたら
「あ、ご飯自出てこないんだ・・・」
という「衣食住そっちのけ育児」された
味覚音痴?生活音痴?世代があるようです。
家事することに
被害者意識を持つ傾向にあり、
その初代がそろそろ孫を持ちます。
今後の日本に多大な影響があるかと。
手作りに異常な偏見を持つ若手ママが
ちらほら見られるのも
なにやら危機感を感じます。
ジェンダーという言葉がゆがんでいる気がします。
文系の言葉操作はよくわかりませんが。
  1. 2010/03/31(水) 08:52:01 |
  2. URL |
  3. yumtak #-
  4. [ 編集 ]

僕は、親父が反面教師な部分が大きいです。

親父は、学生結婚で僕の実のお母さんと一緒になったから、自炊が全く出来ないんですよ。

自炊するつもりがないと言った方がより正確です。

  1. 2010/03/31(水) 09:31:18 |
  2. URL |
  3. JosephYoiko #-
  4. [ 編集 ]

え~・・

また似てるとこが・・・
両親も学生結婚です。
婚約打診したら祖父がすべて即決。
親父は国の研究所に子持ちで入った第一号だった・・。
当然自炊できませんでした。
コトブキ退学して 尽くしまくってる母に
祖父はまめまめしく
英字新聞やナショナルジオグラフィックの
面白い記事を「読みなさい」と渡していました。
なるほどな~・・・
  1. 2010/03/31(水) 17:59:53 |
  2. URL |
  3. yumtak #-
  4. [ 編集 ]

お袋が入院した時とか大変でしたよ。

子よいこ先生が産まれる前は、離れた場所に住んでいたんですが、僕がご飯作りに行っていました。

親父は航空工学の院生、実のお母さんは東女で数学やっていた学部生だったんですが、何処で知り合ったんだか謎です。
  1. 2010/03/31(水) 19:03:22 |
  2. URL |
  3. JosephYoiko #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://josephyoiko.blog49.fc2.com/tb.php/2016-7f5d470c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)